【オーバーウォッチ2】ラマットラのアンチピックと攻略法

オーバーウォッチ2

オーバーウォッチをプレイしていてラマットラが強く対応できない場合、カウンターピック(アンチピック)を出しても戦況が変わらない場合の具体的な戦略を解説します。

この記事を読めばわかること

・相手のラマットラが活躍している場合の各ロール毎の動き方
・不利な状況から有利な状況に変える方法

オーバーウォッチとは

強い相手にも連携次第では勝つことが出来るゲーム

まず、オーバーウォッチではどんなに強い相手がいても勝てる可能性が大いにあるゲームです。
VALORANTやAPEXでは、1人強い敵がいれば、大敗することもあり、個の力でどうにかなる可能性があるゲームです。オーバーウォッチは個の力がそんなに強くなくても合わされば戦況をひっくり返せる醍醐味のあるゲームです。そのため、チームでなにか成し遂げることに重きに置く人にとっては非常に魅力的なゲームです。

じゃんけんゲームと言われている

オーバーウォッチは戦闘中にキャラを変更でき、ヒーロー毎に得意な戦い方が異なります。
そのため、相手に有利なヒーローを出すことによって戦況を変えることが出来ます。

しかし、じゃんけんゲームと言われつつも有利なヒーローを使用しても、ゲームの理解度や、ヒーローの扱い方によって有利に運べない場合もあります。
じゃんけんと言いながら、相手がグーを出していて、こちらがパーを出しているのにもかかわらず、グーに勝てない場合もあるのがオーバーウォッチです。

前提

可能であれば、テキストチャットやボイスチャットで自分の意思を伝えてチームの編成を変えることを推奨します。
今回は自分自身が出来る対応をご紹介いたします。

相手のラマットラが強すぎる

解決策1:タンクがカウンターピック(アンチピック)を出す

相手のラマットラが強く戦闘に勝てない場合、カウンターピック(アンチピック)を出すというのが選択肢にあります。

シグマ オリーサ D.VA マウガ

シグマ

  1. エクスペリメンタルバリア:シグマのバリアは彼にとって重要な防御ツールです。ラマットラの遠距離攻撃を効果的にブロックし、彼の近接形態への変形を促すか、あるいは攻撃を遅らせることができます。
  2. キネティックグラスプ:シグマのキネティックグラスプは、敵の発射物を吸収してシールドを生成します。ラマットラの遠距離攻撃をこの能力で吸収することで、シグマは自身を保護しつつ、追加のシールドを得ることができます。
  3. アクレション:シグマが大きな岩を投げつけるこの攻撃は、敵に対してスタン効果を与えます。ラマットラが近接形態に変形している際にこれを使うことで、彼の攻撃を中断させるか、または攻撃の機会を作ることができます。
  4. 重力フラックス:シグマの究極技である重力フラックスは、範囲内の敵を浮かせてから落下させることで大ダメージを与えます。ラマットラがグループ内にいる時にこれを使用すれば、彼と周囲の敵に甚大な影響を与えることが可能です。

オリーサ

  1. プロテクティブバリア:オリーサのプロテクティブバリアは、彼女と彼女のチームメイトを遠距離攻撃から守ることができます。ラマットラの通常形態での遠距離攻撃を効果的にブロックし、彼の攻撃を妨害することができます。
  2. フォーティファイ:オリーサがフォーティファイを使用すると、一時的にダメージを減少させ、ノックバック効果に対して免疫になります。これはラマットラがネメシス形態で接近してきた際に、オリーサが自身を守りつつ、ポジションを維持するのに役立ちます。
  3. ハルト:オリーサのハルトは、敵を特定の地点に引き寄せる能力を持っています。ラマットラがチームメイトを守るために前進してくる場合や、彼が特定の位置を確保しようとする際に、ハルトを使って彼の動きを妨害し、チームの攻撃を集中させることができます。
  4. テラサージ (オリーサの改良された究極技):オリーサはテラサージを使用して周囲の敵を自身に引き寄せ、その後大きなダメージとスタン効果を与えます。これは特に、ラマットラがネメシス形態で接近戦を挑んできた際に有効で、彼の攻撃を中断させると同時に、味方の攻撃機会を作り出します。

D.VA

  1. ブースターを使った機動性:D.Vaのブースターは、彼女に優れた機動性を提供します。これにより、ラマットラが遠距離からの攻撃を仕掛ける通常形態にある時に、迅速に距離を詰めて彼に圧力をかけることができます。また、ネメシス形態での接近戦においても、D.Vaは彼の攻撃を回避しつつ有利な位置を取ることが可能です。
  2. ディフェンスマトリックス:D.Vaのディフェンスマトリックスは、彼女が一定時間、前方からの発射物を吸収し破壊することができます。これはラマットラの遠距離攻撃を無効化し、彼のダメージ出力を大幅に減少させることができる重要な能力です。
  3. セルフディストラクト:D.Vaのメカが破壊される際に使用するセルフディストラクトは、広範囲の爆発を引き起こし、巨大なダメージを与えることができます。ラマットラがネメシス形態で味方を守っている際にこれを使用すると、彼を撤退させるか、大きなダメージを与えることができます。
  4. ピロットモードとメカコールバック:D.Vaのメカが破壊された後も、彼女はピロット形態で戦い続けることができ、究極技のチャージを通じて再びメカを呼び戻すことができます。これにより、D.Vaは戦闘において持続的なプレゼンスを維持し、ラマットラに対して継続的な圧力をかけ続けることが可能です。

マウガ

  1. 耐久性と自己回復能力:
    マウガは非常に高い耐久性を持ち、自己回復能力も備えています。彼の「静止状態の飲み込み」スキルによって、大量のダメージを吸収し、自己のヒットポイントを回復することができます。これにより、直接的な戦闘でラマットラの攻撃を耐えることができ、戦闘を継続することが可能です。
  2. 近距離での圧倒的な火力:マウガの武器と能力は近距離戦で非常に強力です。彼の「破壊衝動」は敵に対して強力なダメージを与えることができ、特にサポートヒーローに対しては致命的な効果を発揮します。ラマットラが近距離でマウガと対峙した場合、マウガの圧倒的な火力により不利な立場に追い込まれるでしょう。
  3. 強力な中断能力:マウガの「怒りの渦」は、敵ヒーローの位置を乱し、チームファイトにおいて有利な状況を作り出すことができます。ラマットラのようなサポートヒーローは位置取りが重要であり、マウガによる位置の乱れはラマットラの能力発動に大きな障害となります。

解決策2:ダメージ、サポートのカウンターピック(アンチピック)を出す

ラマットラに有効なダメージやサポートヒーローを出すという方法もあります。

バスティオン メイ ファラ エコー
ソンブラ アナ ゼニヤッタ モイラ

バスティオン

  1. 高いダメージ出力:
    バスティオンの固定砲台モードは、秒間のダメージ出力が非常に高く、ラマットラを含む敵ヒーローを迅速に排除する能力を持っています。ラマットラは比較的耐久力が低いサポートヒーローなので、バスティオンの集中火力に対抗するのは困難です。
  2. 遠距離からの圧力:バスティオンは遠距離からでも高い精度でダメージを与えることができます。この能力は、特にオープンスペースのマップや長距離の視線が確保されている場所で有効です。ラマットラの治療能力は距離があると効果が薄れるため、バスティオンは遠距離からラマットラを圧迫することが可能です。
  3. 自己修復能力:バスティオンは自己修復能力を持っており、戦闘中に自分自身を回復させることができます。これにより、ラマットラの攻撃を耐えながら反撃することが可能になり、ラマットラの支援下にある敵を排除するチャンスを増やします。

メイ

  1. 凍結能力:メイのエンドサーミックブラスターの主射撃は、短時間で敵を凍結させることができます。ラマットラが凍結されると、彼の移動が停止し、能力を使用することができなくなります。これにより、ラマットラは無防備な状態になり、メイやチームメイトに簡単に排除される可能性があります。
  2. 壁での分断:メイのアイスウォールは戦場を即座に変化させる能力を持っており、敵チームを分断することができます。ラマットラがチームから隔離された場合、そのサポート能力は大幅に低下し、排除しやすくなります。特に狭い通路やチョークポイントでの使用は、ラマットラを孤立させる効果的な手段となります。
  3. 自己回復と持続可能性:メイのクリオフリーズは、彼女自身を一時的に保護するだけでなく、ヒットポイントを回復させることができます。この能力により、メイはラマットラからの攻撃を耐え、戦闘を長引かせることができます。メイは回復の時間を稼ぎつつ、戦略的な位置に移動することで、ラマットラやその他の敵に対して有利な立場を取ることができます。
  4. 中距離戦での競争力:メイのエンドサーミックブラスターの副射撃は、中距離での精密なアイスプロジェクタイルを発射し、ラマットラを含む遠距離の敵に対しても競争力のあるダメージを提供します。これにより、メイはラマットラが安全だと感じる距離からでも圧力をかけることが可能です。

ファラ

  1. 空中優位性:ファラはジェットパックを使用して高い機動性を発揮し、空中からの攻撃を得意とします。この空中優位性により、ファラはラマットラが容易に攻撃できない位置からダメージを与えることが可能です。ラマットラは主に地上で活動するため、空中のファラに対して十分な対応を取ることが難しいです。
  2. 強力なエリア攻撃:ファラのロケットランチャーは強力な爆発ダメージを与えることができ、ラマットラを含む複数の敵に対してエリア攻撃を行うことができます。ラマットラが味方と密集している場合、ファラの攻撃は特に効果的です。
  3. サプライズアタックの容易さ:ファラは空中からの急降下や、予測しにくい角度からの攻撃により、敵にサプライズアタックを仕掛けることができます。ラマットラのプレイヤーがファラの位置を常に把握していなければ、予期せぬ瞬間に大ダメージを受けるリスクがあります。
  4. 戦場でのポジショニングの柔軟性:ファラの空中機動性により、戦場のさまざまな位置から攻撃を行うことができます。これにより、ファラはラマットラがサポートしやすい安全な場所を見つけることを困難にします。

エコー

  1. 空中機動性:エコーの飛行能力と急上昇(スペースキー長押し)により、彼女は戦場の多くの位置にアクセスすることができ、ラマットラが対応しにくい角度から攻撃を仕掛けることが可能です。ラマットラの能力は主に地上または低い高度での戦闘に適しており、高い機動性を持つエコーには対応が難しいです。
  2. 高ダメージの投射物:エコーのトライショットとスティッキーボムは、対象に対して高いダメージを瞬時に与えることができます。特にスティッキーボムは、ラマットラのような移動速度が比較的遅いヒーローに対して命中しやすく、大きな脅威となります。
  3. 汎用性の高い究極技能「複製」:エコーの「複製」は、敵チームの任意のヒーローを一時的にコピーし、そのヒーローの能力を使用できるようになります。これにより、エコーは戦場での柔軟性と適応性を極めて高め、ラマットラだけでなく、ラマットラがサポートする他のヒーローにも対応できます。例えば、ラマットラがいるチームのタンクヒーローを複製して、前線を崩壊させることも可能です。
  4. 焦点を当てた攻撃:エコーの能力により、特定のターゲットに対して集中的なダメージを与えることができます。ラマットラが味方を回復している際、エコーはそのラマットラを優先的にターゲットにすることで、敵チームのサポートラインを効果的に弱体化させることができます。

ソンブラ

  1. ハッキングによる能力無効化:
    ソンブラの最も強力なツールの一つはハックです。これにより、ラマットラの能力を一時的に無効化することができます。ラマットラが能力を使用できない状態では、自身の回復や他のサポート機能を提供することができず、効果的に戦闘力を失います。これは特に、味方を回復するか、重要なサポート能力を発動させる直前にハックが成功した場合に顕著です。
  2. 透明化と後方攻撃:ソンブラの透明化能力により、敵の後方に静かに侵入し、ラマットラや他のキーヒーローをターゲットにすることができます。ソンブラはラマットラの位置を探り、無防備な状態でハックまたは攻撃を行うことができます。この突然の妨害は、敵チームの計画を混乱させ、ラマットラの効果を低下させることができます。
  3. トランスロケーターによる高い機動性:ソンブラのトランスロケーターは、彼女が迅速に戦場を移動し、敵からの攻撃を避けることを可能にします。ラマットラに有効なハックを行った後、ソンブラは安全な場所に素早く撤退することができ、反撃を受けるリスクを最小限に抑えます。
  4. 究極技能「EMP」による広範囲のハック:ソンブラの究極技能であるEMPは、その効果範囲内の全ての敵のシールドと能力を一時的に無効化します。ラマットラを含む敵ヒーローがEMPの影響を受けると、数秒間、いかなる能力も使用することができなくなり、これにより大きな突破口を作ることができます。

アナ

  1. バイオティックグレネードのデュアル効果:
    アナのバイオティックグレネードは、投げた範囲内の味方の回復を増加させると同時に、敵の回復を一時的に阻止します。ラマットラがサポートするチームに対してこのグレネードを使用することで、ラマットラの回復効果を無効化し、チームファイトでの勝利に大きく貢献することができます。
  2. スリープダートによる制御:アナのスリープダートは、敵ヒーローを一時的に行動不能にする強力なコントロール技能です。ラマットラを対象としたスリープダートは、彼が重要なサポート能力を使用する機会を奪い、チームファイトの流れを大きく変える可能性があります。
  3. 長距離からの回復とダメージ:アナのスナイパーライフルは、遠距離からの回復とダメージ出力の両方に優れています。これにより、アナはラマットラを直接的に狙い撃ち、彼の動きを制限しながら自身のチームを支援することが可能です。
  4. 究極技能「ナノブースト」の提供:アナのナノブーストは、ターゲットとなった味方ヒーローのダメージ出力を増加させ、受けるダメージを減少させます。特定の味方ヒーローにナノブーストを使用することで、ラマットラの支援能力を上回るほどの圧倒的な力を発揮し、キーファイトでの勝利に直結することがあります。

ゼニヤッタ

  1. オーブ・オブ・ディスコードによるダメージ増加:
    ゼニヤッタのオーブ・オブ・ディスコードを敵ヒーローに投げると、そのヒーローが受けるダメージが増加します。ラマットラにディスコードオーブを適用することで、彼への圧力を大幅に増加させ、味方による迅速な排除を容易にします。
  2. 高ダメージ出力:ゼニヤッタはサポートヒーローでありながら、オーブ・オブ・ディストラクションを使った攻撃で高いダメージを出力することができます。ラマットラは比較的耐久力が低いため、ゼニヤッタの連続攻撃によって迅速に脅威を排除することが可能です。
  3. オーブ・オブ・ハーモニーによる味方の持続的な回復:オーブ・オブ・ハーモニーを味方に投げることで、ゼニヤッタは戦闘中も味方のヒーローを持続的に回復させることができます。これにより、ラマットラのサポート範囲外で戦う味方ヒーローの生存率を高め、チームファイトでの持続力を向上させることができます。
  4. 究極技能「トランスセンデンス」による大規模な回復:ゼニヤッタのトランスセンデンスは、強力な範囲回復能力を持ち、使用中はゼニヤッタ自身も無敵状態になります。この究極技能は、ラマットラの攻撃や他の敵ヒーローの究極技能によるダメージを効果的に無効化し、チームファイトでの逆転や重要なポイントの確保に貢献することができます。

モイラ

  1. 持続的なダメージと回復:モイラのバイオティックグラスプは、敵に持続的なダメージを与える一方で、自身の回復リソースを再生させます。また、その回復ビームは複数の味方を同時に回復させることができ、戦闘中におけるチームの持続力を支えます。ラマットラに対しては、ダメージビームで彼の活動を妨害しつつ、自チームの回復を継続することが可能です。
  2. バイオティックオーブの汎用性:モイラのバイオティックオーブには回復とダメージのどちらかを選択できる機能があり、戦況に応じて切り替えることができます。ダメージオーブはラマットラを含む敵ヒーローに対して追加の圧力をかけることができ、特に狭い空間での効果は顕著です。
  3. フェードによる機動性と回避能力:モイラのフェードは彼女を一時的に無敵状態にし、戦場を素早く移動させます。これにより、ラマットラの攻撃や他の敵の究極技能から逃れることができるだけでなく、戦闘でのポジショニングを最適化することが可能です。
  4. 究極技能「共生体」の影響力:モイラの究極技能である共生体は、長距離のビームで味方を回復しつつ敵にダメージを与えます。この究極技能は、ラマットラがサポートする敵チームの陣形を崩すことができるほか、チームファイトでの勝利に直接的に貢献することができます。

解決策3:他のヒーローにフォーカスする

ラマットラを変更させることを目的にヒーローを変更するのではなく、他のロールで優位性を見出し、ラマットラを変更させるという方法です。

例えば、ラマットラを狙うのではなく、相手のダメージとサポートに集中して攻撃を行い、相手のタンクがダメージとサポートをカバーするためにヒーローを変更させる。という方法です。

まとめ

今回はオーバーウォッチのヒーローであるラマットラに対する具体的な解決策とアンチピックについて紹介しました。他のヒーローについてもご紹介しているため、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました