【オーバーウォッチ2】ウィンストンのアンチピックと攻略法

オーバーウォッチ2

オーバーウォッチをプレイしていてウィンストンが強く対応できない場合、カウンターピック(アンチピック)を出しても戦況が変わらない場合の具体的な戦略を解説します。

この記事を読めばわかること

・相手のウィンストンが活躍している場合の各ロール毎の動き方
・不利な状況から有利な状況に変える方法

オーバーウォッチとは

強い相手にも連携次第では勝つことが出来るゲーム

まず、オーバーウォッチではどんなに強い相手がいても勝てる可能性が大いにあるゲームです。
VALORANTやAPEXでは、1人強い敵がいれば、大敗することもあり、個の力でどうにかなる可能性があるゲームです。オーバーウォッチは個の力がそんなに強くなくても合わされば戦況をひっくり返せる醍醐味のあるゲームです。そのため、チームでなにか成し遂げることに重きに置く人にとっては非常に魅力的なゲームです。

じゃんけんゲームと言われている

オーバーウォッチは戦闘中にキャラを変更でき、ヒーロー毎に得意な戦い方が異なります。
そのため、相手に有利なヒーローを出すことによって戦況を変えることが出来ます。

しかし、じゃんけんゲームと言われつつも有利なヒーローを使用しても、ゲームの理解度や、ヒーローの扱い方によって有利に運べない場合もあります。
じゃんけんと言いながら、相手がグーを出していて、こちらがパーを出しているのにもかかわらず、グーに勝てない場合もあるのがオーバーウォッチです。

前提

可能であれば、テキストチャットやボイスチャットで自分の意思を伝えてチームの編成を変えることを推奨します。
今回は自分自身が出来る対応をご紹介いたします。

相手のウィンストンが強すぎる

解決策1:タンクがカウンターピック(アンチピック)を出す

相手のウィンストンが強く戦闘に勝てない場合、カウンターピック(アンチピック)を出すというのが選択肢にあります。

マウガ D.VA ロードホッグ ジャンカークイーン

マウガ

マウガの通常攻撃のガトリングガンは距離が近ければ近いほど多くの弾を与えることができ、敵陣地を荒らしに来るウィンストンには非常に有効です。
加えて、ウィンストンの立ち回りとして敵陣地を荒らす上で、耐久するためにドームシールドを使用し、耐久します。

ウィンストンはドームシールドを使用しながら被弾を避けるため、マウガは非常に有効なヒーローと言えます。

戦い方
ウィンストンが陣地に飛び込んできたら、通常攻撃でウィンストンを集中的に狙う。
ドームシールドアビリティが使用してきても、ウィンストンを狙うのと同様に攻撃して壊す。

D.VA

D.VAの通常攻撃は近距離に大きなダメージを与えることが出来ます。
ウィンストンに対し、通常攻撃とアビリティのミサイルを駆使しながら攻撃すれば、有利な状況に変えることが可能です。

戦い方
ウィンストンが味方陣地に飛び込んできたら、集中して狙いましょう。
ディフェンスマトリックスを使用し、HP管理をしながら戦いましょう。

ロードホッグ

ロードホッグの通常攻撃は近距離になればなるほど強力です。フックで引っ張らなくても十分、ウィンストンに強力なダメージを与えられます。またウィンストン自体の攻撃もロードホッグに対しては有効打に欠けます。そのため、有効的にダメージを与えることが出来ます。

戦い方
ウィンストンが陣地にきたら集中して狙いましょう。
しかしロードホッグは大きく集中的に狙われやすいため、遮蔽物などを利用し被弾を避けながら戦いましょう。

ジャンカー・クイーン

ジャンカー・クイーンは通常攻撃、アビリティ共にウィンストンに有効です。
ウィンストンは近距離で戦うことが多い性質上、ジャンカークイーンと相性がとてもいいです。
加えて、アビリティのシャウトによって、周囲の味方へ追加ライフを付与することができるため、味方と連携しながら戦いましょう。

ジャンカー・クイーンはナイフで切り付けたダメージを与えると自身のHPを回復する能力があります。
そのため、ナイフで切り付けないと倒されてしまう可能性があります。

戦い方
ウィンストンが陣地にきたら集中して狙いましょう。
加えて、アビリティのシャウトを使用しHP管理をしながら戦いましょう。

前述したように優位なヒーローを出しても勝てない場合は、他のロールのヒーローもD.VAに対してのカウンターピック(アンチピック)を出しましょう。

解決策2:ダメージ、サポートのカウンターピック(アンチピック)を出す

ウィンストンに有効なダメージやサポートヒーローを出すという方法もあります。

リーパー バスティオン トールビョーン トレーサー
アナ ゼニヤッタ ブリギッテ

リーパー

  1. 接近戦闘の得意性: リーパーは接近戦闘に特化しており、ウィンストンも近接攻撃が得意なキャラクターです。リーパーのショットガンは、近距離での攻撃力が非常に高く、ウィンストンが近づいてきた際に効果的なダメージを与えることができます。
  2. ウィンストンの大きなHitboxに対する影響: ウィンストンは比較的大きなHitboxを持っています。リーパーのショットガン攻撃は広範囲にダメージを与えるため、ウィンストンの大きな体格に対して有効なダメージを与えやすいです。
  3. スキルの相性: ウィンストンのジャンプパックやリープといった移動スキルをリーパーは比較的容易に追跡できます。リーパーは影を使って素早く移動することができ、ウィンストンが逃げようとしても追い詰めることができます。
  4. ウィンストンの弱点を突く能力: ウィンストンはバリアを展開する能力はありますが、リーパーの攻撃はバリアを貫通します。そのため、ウィンストンのバリアを無視して直接攻撃できるため、防御力を無効化しやすいです。

バスティオン

  1. 遠距離攻撃の有効性: バスティオンは遠距離からの攻撃が得意であり、ウィンストンは近距離戦闘が主な得意とするキャラクターです。バスティオの遠距離攻撃は、ウィンストンが接近してくる前にダメージを与えることができるため、距離を取りながらウィンストンにダメージを与えることができます。
  2. バリアの有効性: バスティオンは、ウィンストンのバリアフィールドを破壊する能力を持っています。ウィンストンがバリアを展開しても、バスティオの攻撃で容易に破壊されることがあります。これにより、ウィンストンの防御力を削り、味方チームに有利な状況を作り出すことができます。
  3. 動きの制限: バスティオンの攻撃はウィンストンの動きを制限することができます。ウィンストンは機動性に優れていますが、バスティオの攻撃によってダメージを受けると、ジャンプパックやリープのような移動スキルを使用する際に制限されることがあります。これにより、ウィンストンの行動が予測しやすくなり、バスティオ側の戦術的優位性が生まれます。

トールビョーン

  1. トールビョーンの破壊力: トールビョーンは、自身の攻撃を強化するための「オーバーチャージ」能力を持っています。これにより、彼の攻撃は非常に高いダメージを与えることができます。ウィンストンのバリアフィールドを破壊するのに十分なダメージを与え、敵の防御を突破することができます。
  2. 自動火器の有効性: トールビョーンの主武器は自動火器であり、ウィンストンが近づいてきた際に効果的なダメージを与えることができます。ウィンストンは近接戦闘に強いですが、トールビョーンの自動火器は十分な距離を保ちつつ、ダメージを与えることができます。
  3. 建築物の利用: トールビョーンは自身の建築物である「トールの鍛造物」を展開することができます。これはバリアを提供し、味方の位置を守ることができます。ウィンストンの攻撃は一度に一つの対象に向かいますが、トールビョーンは自身や味方の防衛を強化する建築物を展開することで、ウィンストンの攻撃を分散させることができます。
  4. 遠距離からの攻撃: トールビョーンは、遠距離からの攻撃にも対応できます。ウィンストンが近づいてきても、トールビョーンは遠距離から攻撃し続けることができます。これにより、ウィンストンが距離を詰める前にダメージを与えることができます。

トレーサー

  1. 機動性と回避能力: トレーサーは非常に高い機動性を持っており、瞬時に移動して敵の攻撃を回避することができます。ウィンストンは攻撃力に優れていますが、トレーサーの素早い動きやブリンク、リコールといったスキルによって攻撃を避けられることが多く、ウィンストンの攻撃をかわすことができます。
  2. ハラスメントと分散: トレーサーは敵陣に侵入してハラスメントを行うことが得意です。ウィンストンが味方の後衛を守っている間に、トレーサーは後ろや側面から攻撃し、敵の注意を引きつけることができます。これにより、ウィンストンの攻撃を分散させ、敵チームの戦闘力を減少させることができます。
  3. ウィンストンの脆弱な部分を狙う能力: ウィンストンは耐久力がありますが、リコールやブリンクといったトレーサーのスキルによって瞬時に後退することができます。トレーサーはウィンストンの側面や背後から攻撃し、バリアを貫通することができるため、ウィンストンの脆弱な部分を狙ってダメージを与えることができます。
  4. アルティメットの効果: トレーサーのアルティメットである「パルスボム」は、大きなダメージを与えることができます。ウィンストンのバリアを無視して直接的に敵にダメージを与えるため、ウィンストンがバリアを展開している場合でも、トレーサーのアルティメットは効果的です。

アナ

  1. 生存能力の向上: アナは自己回復スキルを持っています。これにより、ウィンストンの攻撃を受けても比較的長く生き延びることができます。また、アナは自己回復スキルを使うことで、自らの耐久力を維持しながら戦闘を続けることができます。
  2. 妨害能力の活用: アナは敵の動きを妨害するスキルを持っています。例えば、スリープダーツやバイオナードグレネードを使うことで、ウィンストンの攻撃を一時的に封じることができます。これにより、ウィンストンの攻撃パターンを妨害し、味方チームの防御や回復に時間を稼ぐことができます。
  3. 味方へのサポート能力: アナは味方へのサポート能力を持っています。ウィンストンが戦闘中に回復を必要とする場合、アナはバイオナードやバイオナードグレネードを使ってウィンストンを回復し、戦闘中の耐久力を維持することができます。また、アナのアルティメットである「ナノブースト」は、ウィンストンの攻撃力を強化し、敵を倒す力を向上させることができます。
  4. 遠隔攻撃の利用: アナは遠距離から攻撃や支援を行うことができます。ウィンストンが敵に接近して攻撃を行う一方で、アナは遠隔からサポートや妨害を行うことができます。これにより、ウィンストンが敵を混乱させる一方で、アナが遠距離から補助することで、効果的な連携を実現することができます。

ゼニヤッタ

  1. 遠距離攻撃と高いダメージ: ゼニヤッタは遠距離からの攻撃が得意であり、そのオーブ攻撃は高いダメージを与えることができます。ウィンストンは近距離戦闘が得意ですが、ゼニヤッタの遠距離攻撃を受けることで、安全な距離からダメージを与えることができます。
  2. ウィンストンのバリアを無視する攻撃: ゼニヤッタのオーブ攻撃はウィンストンのバリアを貫通します。ウィンストンがバリアを展開しても、ゼニヤッタはバリアを無視して直接攻撃することができます。これにより、ウィンストンのバリアを無力化し、彼を攻撃することが可能です。
  3. ディスコードオーブの利用: ゼニヤッタのスキルの一つであるディスコードオーブは、対象にかかるダメージを増加させる効果を持ちます。ウィンストンにディスコードオーブをかけることで、彼に対する味方の攻撃力を向上させることができます。これにより、ウィンストンをより効果的に撃破することが可能です。
  4. 自己回復と移動速度: ゼニヤッタは自己回復スキルを持っており、少しの時間で自らの体力を回復することができます。また、ウィンストンの攻撃を受けた際に素早く退避するための移動速度を活用することができます。これにより、ウィンストンの攻撃から逃れつつ、適切な位置に移動することができます。

ブリギッテ

  1. 近接戦闘の得意性: ブリギッテは近接戦闘に特化しており、メイスを使用した攻撃が主力です。ウィンストンも近接戦闘が得意なキャラクターであり、ブリギッテと同じような近接戦闘の状況で戦うことになります。このような状況では、ブリギッテの攻撃力や防御力が活かされ、ウィンストンを撃破することができます。
  2. バリアとシールドの組み合わせ: ブリギッテは自身と味方にシールドを提供する能力を持っています。これにより、ウィンストンが展開するバリアとブリギッテのシールドを組み合わせることで、味方チームはより強固な防御を構築することができます。ウィンストンの攻撃を受け止めつつ、ブリギッテのシールドで味方を守ることができます。
  3. スタン能力の利用: ブリギッテはスタン能力を持っており、敵を一時的に行動不能にすることができます。ウィンストンの機動力を制限するためにスタンを使うことで、彼の攻撃を予測しやすくし、味方チームにダメージを与える機会を増やすことができます。
  4. アーマー効果の活用: ブリギッテは自身と周囲の味方にアーマー効果を与えることができます。ウィンストンの攻撃は通常のダメージとして計算されますが、アーマーを持つ味方はダメージを軽減することができます。これにより、ブリギッテのアーマー効果を受けた味方はウィンストンの攻撃からより長く生き延びることができます。

解決策3:他のヒーローにフォーカスする

ウィンストンを変更させることを目的にヒーローを変更するのではなく、他のロールで優位性を見出し、ウィンストンを変更させるという方法です。

例えば、ウィンストンを狙うのではなく、相手のダメージとサポートに集中して攻撃を行い、相手のタンクがダメージとサポートをカバーするためにヒーローを変更させる。という方法です。

まとめ

今回はオーバーウォッチのヒーローであるウィンストンに対する具体的な解決策とアンチピックについて紹介しました。他のヒーローについてもご紹介しているため、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました