【オーバーウォッチ2】ドゥームフィストのアンチピックと攻略法

オーバーウォッチ2

オーバーウォッチをプレイしていてドゥームフィストが強く対応できない場合、カウンターピック(アンチピック)を出しても戦況が変わらない場合の具体的な戦略を解説します。

この記事を読めばわかること

・相手のドゥーム・フィストが活躍している場合の各ロール毎の動き方
・不利な状況から有利な状況に変える方法

オーバーウォッチとは

強い相手にも連携次第では勝つことが出来るゲーム

まず、オーバーウォッチではどんなに強い相手がいても勝てる可能性が大いにあるゲームです。
VALORANTやAPEXでは、1人強い敵がいれば、大敗することもあり、個の力でどうにかなる可能性があるゲームです。オーバーウォッチは個の力がそんなに強くなくても合わされば戦況をひっくり返せる醍醐味のあるゲームです。そのため、チームでなにか成し遂げることに重きに置く人にとっては非常に魅力的なゲームです。

じゃんけんゲームと言われている

オーバーウォッチは戦闘中にキャラを変更でき、ヒーロー毎に得意な戦い方が異なります。
そのため、相手に有利なヒーローを出すことによって戦況を変えることが出来ます。

しかし、じゃんけんゲームと言われつつも有利なヒーローを使用しても、ゲームの理解度や、ヒーローの扱い方によって有利に運べない場合もあります。
じゃんけんと言いながら、相手がグーを出していて、こちらがパーを出しているのにもかかわらず、グーに勝てない場合もあるのがオーバーウォッチです。

前提

可能であれば、テキストチャットやボイスチャットで自分の意思を伝えてチームの編成を変えることを推奨します。
今回は自分自身が出来る対応をご紹介いたします。

相手のドゥーム・フィストが強すぎる

解決策1:タンクがカウンターピック(アンチピック)を出す

相手のドゥーム・フィストが強く戦闘に勝てない場合、カウンターピック(アンチピック)を出すというのが選択肢にあります。

オリーサ シグマ ロードホッグ

オリーサ

オリーサのアビリティである、エネルギー・ジャベリンはドゥームフィストのパワー・ブロック(ダメージ軽減し、通常攻撃の威力を上げるアビリティ)状態をキャンセルすることが出来ます。
加えてノックバック効果も与えられるため、エネルギー・ジャベリンを当てつつ通常攻撃でドゥームフィストを倒すことが可能です。
加えて、オリーサのアビリティのフォーティファイでダメージ軽減+妨害攻撃(ノックバック等)の無効により、優位に立ち回ることが出来ます。

加えてもう一つのアビリティであるジャベリン・スピン(槍を回転させるアビリティ)によってドゥームフィストの動きを制限することが出来ます。

戦い方
全てのアビリティを一度に使うと、容易に倒されてしまうため、アビリティ管理をしつつ、
ドゥームフィストがパワーブロック(ガード)状態の際に、エネルギー・ジャベリンを当てて、パワーブロック状態の解除をする。

フォーティファイとジャベリン・スピンを交互に使いつつ、ジャベリン・スピンでドゥームフィストの動きを制限し、味方と協力して倒す。

シグマ

シグマのアビリティであるアークリエーション(岩石を飛ばす)は、ドゥームフィストのパワーブロック状態を解除でき、ノックバック効果も与えることが出来ます。

戦い方
シグマの場合はいたってシンプルです。
ドゥームフィストがパワーブロック状態になった際に、アークリエーション(岩石を飛ばす)のアビリティを使用し、パワーブロック状態を解除し倒すという方法です。

ロードホッグ

ロードホッグのフックは、ドゥームフィストがパワーブロック状態になっている際の格好の的です。
フックで引き寄せて通常攻撃を当てることによって倒すことが可能です。

戦い方
ドゥームフィストがパワーブロック状態になる→フックで引き寄せる→通常攻撃&味方と集中攻撃
という流れで優位に立つことが可能です。

前述したように優位なヒーローを出しても勝てない場合は、他のロールのヒーローもD.VAに対してのカウンターピック(アンチピック)を出しましょう。

解決策2:ダメージ、サポートのカウンターピック(アンチピック)を出す

D.VAに有効なダメージやサポートヒーローを出すという方法もあります。

キャスディ ジャンクラット ファラ ソンブラ
エコー アナ ゼニヤッタ ブリギッテ

キャスディ

キャスディのアビリティのマグネティック・グレネードは着弾したターゲットは移動速度25%減少+移動アビリティの発動を中断・妨害される効果があります。ドゥームフィストは敵陣に飛び込み、味方の陣地に戻って回復を貰う立ち回りが多いため、その流れをアビリティで阻害することが出来ます。

ジャンクラット

ジャンクラットのアビリティであるトラップにドゥームフィストを拘束することが出来れば、動きも拘束でき、倒すことができます。ただし、ジャンクラットはアビリティでドゥームフィストを捉えるため、ドゥームフィストのために、ジャンクラットを選択する必要は少ないかもしれません。

ファラ

ドゥームフィストは基本的に地上で戦うため、空中からの攻撃が有効です。
敵の他のヒーローからの射線に気を付けつつ攻撃しましょう。

ソンブラ

ソンブラのアビリティでパワーブロック状態を解除することが出来ます。
ハックをすることが出来れば、一時的にハックした相手のアビリティも使用不可となります。

エコー

ドゥームフィストは基本的に地上で戦うため、空中からの攻撃が有効です。
またエコーのアビリティであるビームは相手のHPが低ければ低いほど、威力が上がるため、
ドゥームフィストを倒しきることも可能です。
敵の他のヒーローからの射線に気を付けつつ攻撃しましょう。

アナ

アナのアビリティであるスリープダーツと阻害ビンはドゥームフィストに非常に有効です。
スリープダーツは命中させないといけないため、上級者向きですが、パワーブロック状態を解除し、阻害ビンを当てれば、相手の回復も阻害しつつドゥームフィストにダメージを与えることができます。

ゼニヤッタ

ゼニヤッタは調和のオーブ(味方に回復効果)、不和のオーブ(敵に与ダメージ増加)のアビリティがあります。不和のオーブをドゥームフィストに付与することによって与えるダメージの増加をサポートすることができます。

ブリギッテ

パワーブロック状態状態、ブリギッテのバッシュを当てるとパワーブロック状態を解除できます。
周囲の味方にリジェネ効果も付与できるため、有効なキャラクターです。

解決策3:他のヒーローにフォーカスする

ドゥームフィストを変更させることを目的にヒーローを変更するのではなく、他のロールで優位性を見出し、ドゥームフィストを変更させるという方法です。

例えば、ドゥームフィストを狙うのではなく、相手のダメージとサポートに集中して攻撃を行い、相手のタンクがダメージとサポートをカバーするためにヒーローを変更させる。という方法です。

まとめ

今回はオーバーウォッチのヒーローであるドゥームフィストに対する具体的な解決策とアンチピックについて紹介しました。他のヒーローについてもご紹介しているため、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました